AED

AEDについて記事一覧

AEDの使い方と使用時の注意点

AEDを使用する機会というのは人生で何度もあることではありませんが万が一の時のために使い方と使用時のポイントを抑えておきましょう。使用時は、二次災害等が起こらないよう落ち着いて行動することを心がけてください。倒れている人を発見してからの行動1意識があるかないかを確認する2周りの人に救急車とAEDを要...

≫続きを読む

AEDの値段は?

AEDは心室細動に陥った人の命を救うことが出来ます。値段は決して安くありませんが、必ず用意しておきましょう。AEDを購入した場合、AED本体の価格はメーカーや機種によって差がありますが、大体25〜50万程度になります。(AEDのレンタル、リースに関してはコチラ)【日本光電の技術を結集したAED!】日...

≫続きを読む

AEDを使用した時の生存率は?

心停止してからの時間と生存率心臓は全身に血液を送り込むポンプの役割を果たしています。心臓が停止したら血液が送り出されなくなりますので、一般的に心停止してからの生存率は、1分ごとに約7〜10%低下していくと言われています。119番してから救急車が来るまでの時間は、平均で8.3分(平成25年度消防庁調べ...

≫続きを読む

AEDの普及状況は?

山形市の教育委員会の教育課長「夜間のAED利用を想定していなかった。不十分な面があった」と釈明。2014年7月16日の午後8時頃、山形市の男子生徒(16)が野球部の練習中に心室細動で倒れました。生徒が倒れた直後、その場にいた監督はすぐさま救急車を要請し、救急車が来るまでの約10分間、心臓マッサージな...

≫続きを読む

AEDが救った命と救えなかった命

松村邦洋さんの場合2009年3月、お笑いタレントの松村邦洋さんは東京マラソンに参加し、スタートから約15kmの地点で急性心筋梗塞による心室細動で倒れ、心肺停止となりました。伴走していた国士舘大の医療救護スタッフが速やかにAEDや蘇生処置を行い、そのスムーズな処置のおかげで松村さんは入院の末に回復でき...

≫続きを読む