AEDにかかる費用は一体いくら?

AEDを入手するのにかかる費用は?

AEDは心室細動に陥った人の命を救うことが出来ます

値段は決して安くありませんが、必ず用意しておきましょう。

 

AEDを購入した場合、AED本体の価格はメーカーや機種によって差がありますが、大体25〜50万程度になります。(AEDのレンタル、リースに関してはコチラ)

 

AEDは電気ショックを与えるために必要な電気を蓄える本体部分、心電図を測定するためのパッド、そしてリチウム電池で構成されています。そのうち、パッドとリチウム電池は定期的に交換をしないといけないため、その都度、費用がかかります。AEDを収納しておくスタンドケースは、大きさによって金額は変わってきますが、高いもので約10万円します。

 

 

ここで注意してもらいたい事がひとつあります。
一般的には、すべての消耗品が本体購入と同時にセットされていることが多いのですが、中には別途購入しなければならない機種もありますので、本体を購入時には消耗品がセットされているかどうかを必ず確認してください。

 

AED本体と消耗品にかかる費用の見積もりはコチラ

 

関連ページ

AEDの使い方と使用時の注意点
AEDを使用する機会は滅多にありませんが、正しい使用方法を身につけておくことは大切です。ここでは、AEDの使い方と使用時の注意点について紹介しています。
AEDを使用した時の生存率は?
AEDを使用した時としなかった時では、どれくらい生存率が変わってくるのでしょうか?心室細動から正常なリズムに戻すためにはAEDを使うしか方法はありません。
AEDの普及状況は?
先日、山形県の野球部の練習中に心室細動が原因で亡くなりました。AEDは校舎内にあったそうですが、すぐに使えないとの判断で救急車を待ったようです。これではAED設置の意味がありません。
AEDが救った命と救えなかった命
AEDに関する実例を2つ紹介します。お笑いタレントの松村邦洋さんと元日本代表の松田直樹選手。AEDが近くにあることの大切さが分かります。