AEDの使い方と使用時のポイント

AEDを使用するときのポイント

AEDを使用する機会というのは人生で何度もあることではありませんが
万が一の時のために使い方と使用時のポイントを抑えておきましょう。
使用時は、二次災害等が起こらないよう落ち着いて行動することを心がけてください。

 

倒れている人を発見してからの行動

 

意識があるかないかを確認する
周りの人に救急車とAEDを要請する
呼吸があるか確認する
呼吸がない場合、心肺蘇生(心肺蘇生の仕方)を行う

 

 

AEDの使用手順

 

※AED使用時には音声が流れますので音声に従って確実に行いましょう

 

1 電源を入れる

電源を入れます。機種によっては開けた時に自動的に電源が入るものもあります。

2 パッド(電極)を装着する

上半身の衣服を脱がせ、胸にパッド(電極)を貼り付けます。
貼り付ける場所は、パッドに絵が描いてあります。
体に水分や金属があると効果が低くなるので必ず取り除いてください。

3 機械が心電図を読み取り、除細動(電気ショック)が必要か判断する

パッドと機械がつながると自動的に心電図を読み取り始めます。
『離れてください』とメッセージが流れますので患者に誰も触れないようにしてください。
心電図が正しく読み取れなかったり、感電する恐れがあります。

4 必要と判断されたら、メッセージが流れるので除細動を行う

除細動が必要と判断されたら、ショックボタンが点滅しショック可能になります。
ショックボタンを押す前に患者に誰も触れていないことを再度確認してください。
感電の恐れが恐れがあります。

5 心肺蘇生を行う

除細動後は直ちに心肺蘇生(心肺蘇生の仕方)を開始してください。2分後に心電図解析のアナウンスが入ります。以降は使用するAEDの音声メッセージに従って進めてください。

 

 

お見積もりはこちら 

関連ページ

AEDの値段は?
AEDを入手するにはいくら必要なんでしょうか?AEDは本体部分と定期的に交換が必要な消耗品部分とに分かれます。また、AEDを収納するために収納ケースも必要になってきます。
AEDを使用した時の生存率は?
AEDを使用した時としなかった時では、どれくらい生存率が変わってくるのでしょうか?心室細動から正常なリズムに戻すためにはAEDを使うしか方法はありません。
AEDの普及状況は?
先日、山形県の野球部の練習中に心室細動が原因で亡くなりました。AEDは校舎内にあったそうですが、すぐに使えないとの判断で救急車を待ったようです。これではAED設置の意味がありません。
AEDが救った命と救えなかった命
AEDに関する実例を2つ紹介します。お笑いタレントの松村邦洋さんと元日本代表の松田直樹選手。AEDが近くにあることの大切さが分かります。